セクキャバの遊び方|「飲む」だけじゃ終わらない!「揉めるキャバ」のセクキャバについて
望遠鏡を持っている女性

セクキャバの遊び方

考え事をしている女性

出てくる女の子がセクシー、そして時間いっぱいセクハラし放題!そんなセクキャバの基本的なシステムは、普通のキャバクラと大体同じです。ワンセット40〜50分ほどの時間制で、女の子がとなりについてくれます。そしてフリーで入った場合は大体平均3人くらい、女の子が次々変わる、というスタイルになっています。つまり一人当たり15分くらいイチャイチャして過ごせるというわけです。3人分のオッパイがワンセット料金で揉み放題だというのですから、バッチリ楽しんじゃいましょう。
そしてもちろん、普通のキャバクラと同じく「指名」もできます。3人回ってくる女の子のうち、ひとりめがドンピシャで可愛く、しかもオッパイは柔らかくてしっとりしていて感度も高い、となった場合には場内指名をすることで、残り時間はずーっと彼女と過ごすことができます。

「いや、でも2人目がもっとエロくてかわいかったらどうする……?」と考えてしまう人もいるでしょうが、私のセクキャバ経験から言えばバチン!と運命的な出会いを果たしたと思ったら、ひとり目だろうが何だろうが、場内指名しちゃうのが吉です。もちろん、「2人目がもっとエロくて……」という可能性はゼロではありません。実際、私だって数えきれないほどセクキャバで遊ぶ中で、何度かは「ふたり目のもっとエロい女の子」を逃しちゃっているに違いありません。
しかし、そうでない確率だって同じくらいあるのです。五分五分です。もしかしたらエロさが一段か二段落ちる、性格もあんまり合わないような女の子が来てしまうことも考えられます。その場合の悔しさはまさしく「筆舌に尽くしがたい」というレベルだと思います。セクキャバで「場内指名しちゃおうかな、どうしようかな」と迷ったときはとにかく指名する!それが私のできるアドバイスです。